スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生キャラメル

生キャラメルって一時我が家でも何回も作ったなぁ

レシピ?です。

生クリーム 500
牛乳    300
砂糖    200
はちみつ   50
バニラビーンズ 少々

砂糖は適当に減らしても良いです。
塩は甘み増しとして好きな人は入れてください。
バニラビーンズはなくてもokエッセンスでもok
かのオリジナルとは少し違うかもしれません。

レシピはネットでも今はあちこちに出ています。
公表当初はバターは使っていませんでしたが、最近は入れるのが標準レシピみたい


全部入れて、鍋でひたすら水分飛ばすだけ
とにかく常に混ぜながらふきこぼさないレベルでの沸騰状態(中火程度)を維持しながら
とにかく混ぜ続ける。
とろみ具合で火を少しずつ弱くしていき35分
とろみを感じたら少し火を弱めて調節(ここが微妙)
だいたい40~45分で丁度良い硬さになります
冷えるとキャラメルは硬くなるので、
イメージの硬さより少し柔らかい状態で止める。
クッキングシートの上に1cm程度の厚さで伸ばして
あとは冷蔵庫か冷凍庫でok


好みで、抹茶味 チョコ味、他試してください。
これらの味付けは、最後に入れる(火をとめる直前)。
スポンサーサイト

ミニピザを作る

普通の人間のご飯のお話

ちょっと紹介したい我が家の食卓

ピザって作ろうとすると結構面倒くさいんですよね
しかも結構1枚を焼くのに手間がかかるので、
うちなんか家族3人だけど、当然オーブンが1個なので焼き上がるのが待ち遠しすぎて
楽しい食事にはなりにくい。

そこで、我が家の工夫メニュー

ホットプレートで焼くミニピザ?

生地は、できるだけ大きい餃子の皮www

ホットプレートの上に皮をそのまま並べて、
ピザソース塗って
具ととろけるチーズをのっけて、蓋して5分程度
蓋閉じる前に少し水を入れて蒸気を出すと良いかも。
焼く時間が短いので具はなるべく薄くしてください
生地がカリカリになる程度が美味しいと思います。
超クリスピーなお菓子感覚の お手軽ミニピザをどうぞ

子供がいる家庭でも、具を乗っける工程から楽しめます。
1回で20枚弱焼けます。
我が家だとそれを3セット分ぐらいやります。
ホットプレートでやけどしないようにしてくださいね

写真はありませんwww

純国産にこだわることの違和感

小麦って国内自給率って86%ぐらいなんです。
国内で生産される小麦って10%ちょい程度なんです。

例えば、アメリカ産小麦とかアメリカ産小麦粉って見たことありますか?
日本市場の9割の外国産の小麦って何に使われているとか考えてみたことありませんか?

「私は食品は国産しか信じられない」なんて思っていても、
ほぼ間違いなく口にしている小麦の9割は外国で育った小麦なんです。

さて、どうなっているかと申しますと、

小麦粉、強力粉なんてありますよね?
あれって、ほぼ外国産の小麦を日本の製粉会社が粉にして売っているんです。
日清製粉が売っているから、日清製粉が作ったから日本育ちの小麦だろうなんてことはないです。


実は、日本で育てた小麦って水分が少し多いらしく、パンなどには向かないそうです。
パンの小麦はほぼ99%外国で育った小麦で出来ています。
普通の人が口にするものはほぼ100%外国産小麦のものでしょう
日本の小麦の用途は、うどん、菓子が殆どです。

まぁ、外国で挽いた小麦粉より日本で挽いた小麦粉の方が
挽いたのが日本の企業なだけ少しは安心ですが、どうなんですかね?
国産って書いてあるものにこだわり過ぎるのってなんか変。
平気で毎日アメリカで育ったもの食べてるんじゃん。

まぁ、避けられるものと避けられないものの差って言うのは確かにありますが。

大豆だって国内自給率9%です。
醤油とか原料も国産じゃなきゃ嫌ですか?
じゃ、醤油は買っちゃいけません。99%国産原料無理です。
外国産のお米だって確実に日本に入ってきています。
何に消費されているか考えてみましょう。


以前に遺伝子組み換え品についても似たようなこと記事にしました。
実は避けているようで、殆どの人が避けられていない事実。


加工してしまえば国産なんです。
さて、国産信者はそれでも原材料が純国産ってことにこだわるんですか?


純国産だとか有機だとかこだわるならば、自分の食生活も考えた方が良いと思います。
まぁ考えすぎると、まともな食生活はおくれないでしょうけど。
純国産にこだわるのは分かるけれどもそれだけにこだわりすぎるのはなんか変だと思いませんか?
なんとなく、もっと他の所にこだわる方が より効果的のような気がします。

発芽玄米

今日は普通の人間の食べ物の話。

今、全粒とかふすまとか結構認知され始めましたね。

昔からあったのは、麦ご飯。
押し麦をご飯に一緒に入れて炊きましょうという話。
繊維や栄養があって体に良いですよということ。

同様に、玄米もありますね。
これも、玄米ご飯だとか、玄米を混ぜて炊くとかありますね。

これらはどちらも全粒です。


また、ふすまベーカリーってのも聞きます。
これは、麦を精製した時の副産物をふすまと言い、
ふすまの部分に繊維だとかミネラルだとかが豊富に含まれているから
健康に良いという話になり、少しブームになりつつあるでしょうか。

同様に、精米した時の副産物が米糠(米ぬか)・玄米粉と言い、
これは直接食べることはあまり聞きませんが、利用方法は古来よりありますね。


さてさて、うちも昔から押し麦や玄米はご飯に混ぜています。
合わせて1~2割ぐらいは入れていると思います。
健康なイメージだけでやっていますがw

玄米については、
米ぬかの部分に含まれるフィチン酸が悪さすると言われております。
詳しくは調べてください。
種の存続の為、種が食べられないように毒をもつためだとも言われており、
米に限らず、種(穀物)には共通するようです。
野菜(芋他)なんかは芽に毒をもつといわれていますね。
フィチン酸はミネラルを対外に排出してしまうと言われており、
ミネラル欠乏症を招くとされています。
古来より精米された物を食していたのは、これらを経験的に学んでいたのでしょうか、素晴らしいですね。
但し、このミネラル排出は逆を言えば、ミネラル過剰の場合は排毒効果にもなるでしょうか・・・

米ぬかの有効利用のぬか床はまた別の効果(発酵)が働きフィチン酸の心配はなくなります。
ふすまパンも同様でしょうかね。
調べてみてくださいw

いろいろなことを考えることができると思います。

発芽玄米というのを聞いたことがあるでしょうか?
もっぱら、炊飯で使用するときは発芽玄米が普通ですね。
それらが一般的に売られている理由は、
上述のミネラル欠乏を避けるためです。このミネラルとかはカルシウムも含みます。
玄米が発芽モードになると、フィチン酸が分解されます。
そうしたものが発芽玄米と言われて市販されています。

しっかし、発芽玄米って高いんですよねー
1kgパックで1000円以上でしょうか。
普通の玄米なんてブランド物でも、
1kgパックで500円程度です。

なんかもったいないよねー

で、うちではどうしているかというと、
普通の玄米を買って発芽モードにして食べています。

玄米は4~8時間程度で発芽モードに入り、2~3日で芽が出ると言われております。
気温(水温)によって変わるらしいですので夏と冬で長短あります。

1日水に浸して発芽モードに入った玄米を白米と同じように炊くだけです。
ので、うちでは、翌日使う分を玄米を水に浸し、
1日後に炊くようにします。
使ったら次の日の分を用意しておけば毎日それ程作業が苦にならず
忘れることもなく食することが出来ます。

ちなみに、発芽玄米というものを購入すると、
それらは、同様に水に付けて発芽モードにして乾燥させて販売するので、
その工程の中で傷まないように塩分が加えられているものもあるそうです。




ちなみに、この方法を始めてからか歳のせいか知りませんが、
今までなんともなかった肝臓の値がA→Bに悪くなりましたwww
(5段階評価でDが要所見)


さぁ、皆様、この怪しげなブログ主のお話はいかが?

砂糖のCMとドッグフードへの添加

最近TVCMで流れているの見たんだけど、
砂糖の宣伝・・・正確に覚えていないけど、

 脳のエネルギー源はブドウ糖のみです。
 砂糖はブドウ糖になります。
 だから、砂糖は必要です。

なんだってさwwwあふぉかと・・・・まじで・・・・
あれ、流してるのどこだ?

いあ、まぁ、脳みそのためにブドウ糖は絶対必要で、脳の絶対的エネルギー源。
そこは揺るがない。

だからといって、何で砂糖が必要ということになるんだwww
飛躍しすぎだ
ブドウ糖は、通常炭水化物から得るし、蛋白質からも得ることが出来る。
砂糖は炭水化物の一つだが、ブドウ糖と果糖にしかなることが出来ない
健康な人は一番摂りたくない炭水化物の劣等生だ(言い過ぎか?)
不健康な人でも要らないな・・・

必要なのはブドウ糖であって砂糖ではない。

ブドウ糖の絶対供給源が砂糖であるかのような、誤解させるような紛らわしい宣伝やめれ
ばかっ
点滴で使うブドウ糖のイメージを利用して騙そうとしちゃいけない。
あれは、ブドウ糖を直接血液に送り込むから即効性のエネルギーになるんだ。
しかも、血糖値を急激に上げないように少量ずつ一定の量を送り込むことが大事。
砂糖なんかなぁ、極端な話・・・いらねーよっ 


ブドウ糖の摂取だって、不健康な状態の人以外はブドウ糖として摂取する必要なんてありません。
ドッグフードでも即効性エネルギー源とか言ってるビィナチュラルというおかしなフードあるけど
砂糖が消化吸収されるのは腸まで行かないと無理。
それは穀物や野菜と同じだよ。
砂糖の方がもしかしたら少し分解が楽で早いかもしれないという程度。
健康な犬にとって、ブドウ糖源が砂糖でなくちゃいけない理由なんてこれっぽっちもない
砂糖を与えない方が良い理由の方がずっと多い。
まぁ、穀物より即効性があるとしても
運動時や血糖値が下がるなど病気の時のエネルギー源としては良いかもしれないが、
定時に食べるご飯(ドッグフード)に添加する必要性は全く感じられない。
食事のたびに急激に血糖値が上がって、脂肪に変換されてしまうよ。
カルシウムやミネラル奪われちゃうよ。
余計にイラねーよ まじで。

尚、ビートパルプはダメだという人の根拠で、
砂糖の残留がダメだ。
という人がいる。
これは否めないことで、ごもっともな拒絶理由と思っています。
 砂糖なんか、舐めて溶けたって吸収されないし(若干は舌下吸収するらしい)
そもそも犬は唾液で分解できないし、舌下吸収は皆無
砂糖をあげる意味は無い。
ビタミンもミネラルも無いただのエネルギー。
カロリーだけかさ増しするものです。

まぁ、be-naturalの場合体積かさ増しの為と下痢隠しの為に
サトウキビの搾りかす(繊維)を原材料に入れたと思うんだけど、
ビートパルプの評判が悪いもんだから、
サトウキビの搾りかすと表示したくないので、
サトウキビの搾りかすに付いた蔗糖の方を原材料に表示して、
目的を「即効性エネルギーの為」とすり替えいるごまかしている感じだね。
ビートパルプ(サトウ大根の絞りかす)は使用していないけど、サトウキビの絞りかすは使用していると思うよwww
そんなごまかし表示及び蔗糖を正当化しようとするメーカー止めた方がいいと思うよ。 
とにかく、
どっちも、てきとーな宣伝するなっ ばか
意図的にだますんじゃねーよ 
わしよりひどいわ。

サラダ油の抽出

サラダ油ってどこの家庭でも絶対必要ですよね。
他にもキャノーラ油、ごま油など、植物性油は生活必需品
だいぶ安くなりました。その安さの秘訣に遺伝子組み換え品のパワーも入っています。
ということは以前にもお話しました。
今回は、精製方法について・・・
そして、不安を煽ってしまうだけの記事にもなりそうで嫌なのですが・・・すみません。
回避する手段があるものは、ガンガン文句言いたいんですが、
今回のは、ちと、回避しにくいなぁ。

知らぬが仏も真なり。
 
油を精製する方法は2つ
・圧搾
・抽出
圧搾は、実から搾り出す方法
抽出は、ノルマルヘキサンを使用し油を溶出したあと分離させる。

「抽出工程」
 大豆等をノルマルヘキサンの中にぶち込むと、大豆油がヘキサンに溶ける
 ↓
 大豆油を含んだノルマルヘキサンを蒸留して、ノルマルヘキサンを取り除く
 ↓
 遠心分離でガム質を取り除く
 ↓
 リン酸を加え更にガム質を除去
 ↓
 水酸化ナトリウムを加え遊離脂肪酸を除去(脱酸)
 ↓
 活性白土等を加え色素を吸着させ脱色
 ↓
 冷却して固形分の除去
 ↓
 水蒸気で高温・真空下で、脱臭
一般的な食用油は、圧搾と上述の抽出を併用して生産されています。
圧搾+抽出で生産されるもの
・菜種
・コーン
抽出のみで生産されるもの
・大豆
・米ぬか
尚、サラダ油というものは、複数の油を混ぜた物を言うんだっけ?
裏面表示を見てみましょうね。


ノルマルヘキサンというのは有機溶剤で、まぁ、口にして良いものとは絶対に違います。
まぁ、加工助剤といわれるものですかね・・・
製造工程において取り除かれる為表示の義務はありません。
まぁ、ノルマルヘキサンをMSDSでもwikiでも調べてみてください・・・
食品にこれ使うの???って感じのレベルの物です。
 
さてさて、抽出法って怖いねーって思うのですが、
抽出法っていうのが一般的すぎて、避ける方法は、厳しいです。
 
その方法は、圧搾法でのみ精製された油を選ぶことになります。
探し方は、
「一番搾り」と言われる物です。
オリーブオイルでバージンオイルって良く聞きますよね?それです。
一番搾りのみを使用したと表現されている物を選びましょう。
値段はオリーブオイルと同様高価です。
例えば、
  創健社 キャノーラ&べに花一番 1500g 価格 1,260円
  米澤 一番しぼりなたねサラダ油 1400g 価格 1,408円
が比較的安めです。
不安を感じるから、安全そうな物買いたいけど、高いですよねー、困りますよねー
営業マンさん、
今も昔も変わらぬキャノーラ油コレステロール0を今更ながら説明をわざわざしてくれるのなら
そんなくだらねー情報要らないので、化学薬品使って抽出していますっていう情報のほうを教えてくださいね。

どこかで見たやりとり。
 Aさん、「植物油って元々コレステロールなんて殆ど無いですよね?」
 営業マン、「ええ、そうです。でも、消費者さんにもよく知って欲しいと思いまして
        わざわざ表示させていただきました」

 わし思う、「そんな情報いらねーよ。あふぉ」
       「なにも原料や工程に工夫も変更もしていないくせに、表示だけして印刷コストかけるんじゃねーよ」
       「それよりかトランス脂肪酸の含有率の表示せーや、ぼけ」  at blog
 
さてさて、ドッグフードを使用している方々へ・・・
ドッグフードへの話につなげますので、
続きは次回へ。
 

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸って、耳にしたことある程度。
まぁ、良くないものらしい。
日本では、そんなに話題にもならないし規制もまだ無い。
日本人の平均摂取量が危険水域とされるところより低いからということもある様子。
日本人はアメリカ人の四分の一程度の摂取割合だとか。
日本の食生活の特徴から来るところか。
 
トランス脂肪酸の普通に入っている製品で代表的なのがマーガリンやショートニングですね。
入っていないマーガリンはないはずです。
とある国では、トランス脂肪酸を含むマーガリン自体の販売が許されていない。
トランス脂肪酸の含有率を規制する国も多数。
マーガリン使うぐらいなら、バターの方がましらしいです。
健康のためにバターじゃなくてマーガリンを選んでいませんか?
植物性というイメージだけでマーガリンが健康的だと思っていませんか?
マーガリンは植物油脂を使った化学合成油脂です。
マーガリンの別名はプラスチックオイル

カビの生えたマーガリン
腐ったマーガリン
虫がたかるマーガリン
見ることは非常に困難らしいですね。
レベルの低いドッグフードと同じです。

植物油脂はそのままでは液体である為、水素を添加して硬化させます。
この際にトランス脂肪酸が出来るらしいです。
マーガリンに使う油脂は、
酸化防止剤の使用、遺伝子組み換え品の使用が許されているし、
表示もなくても大丈夫だったはず。
 
マーガリンって便利ですよね
だけど、もう少し使い難いけどバターあたりに変更してみたらどうでしょうか。
それ程お金がかかるものではありません。
マーガリンでもトランス脂肪酸の少ないといわれている物を探すのも良いかもしれません。
自然食品店とかじゃないと売っていないかもしれません。それほど値段は高くはありません。
 例えばこんな物
 創健社 べに花ハイプラスマーガリン 180g 330円ぐらい

健康食にこだわるつもりは無いけれど、不健康な食事は嫌だなという人は調べてみてはいかがでしょうか。
ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。