スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラダ油の抽出

サラダ油ってどこの家庭でも絶対必要ですよね。
他にもキャノーラ油、ごま油など、植物性油は生活必需品
だいぶ安くなりました。その安さの秘訣に遺伝子組み換え品のパワーも入っています。
ということは以前にもお話しました。
今回は、精製方法について・・・
そして、不安を煽ってしまうだけの記事にもなりそうで嫌なのですが・・・すみません。
回避する手段があるものは、ガンガン文句言いたいんですが、
今回のは、ちと、回避しにくいなぁ。

知らぬが仏も真なり。
 
油を精製する方法は2つ
・圧搾
・抽出
圧搾は、実から搾り出す方法
抽出は、ノルマルヘキサンを使用し油を溶出したあと分離させる。

「抽出工程」
 大豆等をノルマルヘキサンの中にぶち込むと、大豆油がヘキサンに溶ける
 ↓
 大豆油を含んだノルマルヘキサンを蒸留して、ノルマルヘキサンを取り除く
 ↓
 遠心分離でガム質を取り除く
 ↓
 リン酸を加え更にガム質を除去
 ↓
 水酸化ナトリウムを加え遊離脂肪酸を除去(脱酸)
 ↓
 活性白土等を加え色素を吸着させ脱色
 ↓
 冷却して固形分の除去
 ↓
 水蒸気で高温・真空下で、脱臭
一般的な食用油は、圧搾と上述の抽出を併用して生産されています。
圧搾+抽出で生産されるもの
・菜種
・コーン
抽出のみで生産されるもの
・大豆
・米ぬか
尚、サラダ油というものは、複数の油を混ぜた物を言うんだっけ?
裏面表示を見てみましょうね。


ノルマルヘキサンというのは有機溶剤で、まぁ、口にして良いものとは絶対に違います。
まぁ、加工助剤といわれるものですかね・・・
製造工程において取り除かれる為表示の義務はありません。
まぁ、ノルマルヘキサンをMSDSでもwikiでも調べてみてください・・・
食品にこれ使うの???って感じのレベルの物です。
 
さてさて、抽出法って怖いねーって思うのですが、
抽出法っていうのが一般的すぎて、避ける方法は、厳しいです。
 
その方法は、圧搾法でのみ精製された油を選ぶことになります。
探し方は、
「一番搾り」と言われる物です。
オリーブオイルでバージンオイルって良く聞きますよね?それです。
一番搾りのみを使用したと表現されている物を選びましょう。
値段はオリーブオイルと同様高価です。
例えば、
  創健社 キャノーラ&べに花一番 1500g 価格 1,260円
  米澤 一番しぼりなたねサラダ油 1400g 価格 1,408円
が比較的安めです。
不安を感じるから、安全そうな物買いたいけど、高いですよねー、困りますよねー
営業マンさん、
今も昔も変わらぬキャノーラ油コレステロール0を今更ながら説明をわざわざしてくれるのなら
そんなくだらねー情報要らないので、化学薬品使って抽出していますっていう情報のほうを教えてくださいね。

どこかで見たやりとり。
 Aさん、「植物油って元々コレステロールなんて殆ど無いですよね?」
 営業マン、「ええ、そうです。でも、消費者さんにもよく知って欲しいと思いまして
        わざわざ表示させていただきました」

 わし思う、「そんな情報いらねーよ。あふぉ」
       「なにも原料や工程に工夫も変更もしていないくせに、表示だけして印刷コストかけるんじゃねーよ」
       「それよりかトランス脂肪酸の含有率の表示せーや、ぼけ」  at blog
 
さてさて、ドッグフードを使用している方々へ・・・
ドッグフードへの話につなげますので、
続きは次回へ。
 

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。