FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅は大事なミネラル分です(その2)

以下、ドッグフード名をだすか迷いましたが、
私はこんなメーカーは嫌いではありません
リンクはしてませんが、商品名は出しちゃいました。
原文抜粋しました。

まず、下の原材料表示



仔羊肉、鶏肉、オートミール

全粒大麦、全粒米、鶏脂、ポテト、鮭肉、鶏レバー、サーモンオイル、炭酸カルシウム、亜麻仁、乾燥全卵、塩化カリウム、乾燥酵母、昆布、レクチン、乾燥リンゴ、トマト、チコリ抽出物、マンナンオリゴ糖、コリン、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ニコチン酸、ビタミンC、イノシトール、Dパントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、リボフラビン、βカロテン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄分、銅、マンガン、ヨウ素酸塩カルシウム)、タウリン、グルコサミン塩酸塩、ユッカシジゲラ抽出物、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、Lカルニチン、コンドロイチン、タイム、桂皮、アニス、カモマイル、ホースラディッシュ、ジュニパー、生姜、ローズマリー抽出物






こう表現してあるドッグフードには
硫酸銅が使われている可能性は高いです。
硫酸銅が一番安く添加できるのでしょう。
それとこう表現することで、危険なものの原材料名の表示を避けられます。
何も違反はしていません。正当な表示です。
正確な情報開示をするという意識と姿勢がないだけです。
でも不安をあおらないことも大事ですね。はい。
キレート銅というもので銅を添加しているものは、

恐らく硫酸銅を嫌って避けたメーカー。こういうフードは値段が高いです。
だけども、ミネラルとか表示すらない国産メーカーがよくあります。
そもそもミネラルとしての銅の必要量を意識していないのでサプリは入れてないかも。
とにもかくにもミネラルと言えばカルシウム でミネラルに無頓着な国産メーカーもあるかもしれません。
これらは、ほぼ間違いなく総合栄養食ではありません。
原材料は80%を表示すれば良く、<修正>原則100%表示になったようです。
割合の少ないミネラルなんかは表示されないことが多い。
かつ、
総合栄養食だとかAAFCOだとかペットフード公正取引協議会とか
そんな宣伝文句があるなら、
硫酸銅と表示していないだけで入っている可能性高いです。銅が必要だからです。
無添加と書いてあっても、
硫酸銅は添加物ではないとわざと解釈しているため、入っている可能性はあります
塩などと同じ扱いです。

また、このメーカーは次のようにも記載しています。
私ですら、硫酸銅って んん?って思うのだからやはり問い合わせが多いのでしょうね。

 


原材料に含まれる「硫酸銅について」
  TLCドッグフードには「硫酸銅」が極々微量含まれています。TLCドッグフードに 使用している大きな理由は、犬のからだを健康に保つための必須ミネラル分として銅の働き(造血作用など)が必要で、一番信頼できるミネラルであるからです。安全性の面でご質問いただくことがありますが、以下の点を考慮し、この「硫酸銅」を使用 しています。

人間用食品安全基準でも使用が認められた食品添加物

食品衛生法により、人間の食品にも銅の強化剤として使用が認められています

造血作用を強化する重要なミネラル分として、広く使用されている

主に人間の赤ちゃん用粉ミルクなどにも広く使われています。

また、多くのペットフードで、銅の強化剤としてはごく一般的にこの硫酸銅が使用されていますが、他のペットフードの原材料同様にミネラル分なども正確 な表示義務がありませんので、一般的には表示されていない場合が多いようです。TLCド ッグフードは、94年の正式輸入販売開始以来、すべての原材料を表示しているため、逆にご不安を与える結果になっていますが、まったく問題なく安全にご利用いただけますので、どうかご安心下さい。




でもーーー例えば日本の食品に関する基準ではー
品名:硫酸銅
分類:強化剤
使用できる食品等:母乳代替食品 (だけ)
使用量等の最大限度:標準調乳濃度に調乳したとき銅として0.6mg/L
          (厚生大臣の承認を受けて調製粉乳に使用する場合を除く)
AAFCOによる標準栄養許容量
銅の最小必要量:7.3mg/kg
10倍以上違いますからーーー

当然銅が入っている他の食材(原材料)もありますが、
7.3-0.6 = 6.7mg
6.7mgを食材、残り0.6mgを仕方がないから危険だといわれる硫酸銅でたった残り1割の銅を満たすために、
わざわざ危険な硫酸銅を使うのですかそうですか。
私なら足りないのがたった1割なら、そのままなんとか食材で満たすこと考えるけど難しいのかな?
・ ・・・・大部分の銅を満たそうとするから安価な硫酸銅を使うんでしょ?どう?

そして、


ペットフードの安全性について

何が含まれているか分からない。そういったフードを安心して食べられますか?

安全なフードを求めるのは飼い主として当然です。しかし、 日本や欧米の国々にはペットフードの原材料や添加物に関して、公的な安全基準や規制が一切ありません。原材料の表示義務もありません。添加物の定義さえないペットフードの世界だから、「天然素材」「ナチュラル」さらには「無添加」と言われるものでさえ、危険な添加物が使用されている可能性があります。
国内で販売されるペットフードは、メーカーの自主規制によって原材料の80%以上(大まかな表示が認められていますので厳密な原材料の表記は必要がありません)を表示すればよいことになっています。もちろん化学合成された危険な添加物が重量で2割以上も使われることはありませんので、表示されずに添加されている可能性が非常に高いのです。


危険な添加物を使う理由

ペットフードに猛毒が入っている可能性は0とは言えません

  そもそも、ペットフードになぜ危険な添加物を使う必要があるのでしょうか?その理由は大きく3つあります。

1)低コストで目的が達成できる、非常に優秀な薬剤であるため

(2)製造されてから消費者の手元に届き、さらに消費するまでの長期保存のため

(3)製品に含まれる粗悪な油脂類の酸化防止のため

例えば、廃棄油の酸化防止のために使用される添加物についての現状を見てみましょう。レストランなどで使用された油は、それだけでも相当酸化が進んでいます。こうした粗悪な油の酸化を防止させるために、相当強力な薬剤を使用するのです。さらに都合のいいことに、廃棄油には多くの食材の匂いが移っていて、ワンちゃんにとっては非常においしそうに匂う「食材」なのです。
油脂類の酸化防止剤、防腐剤として添加されている化学合成物質は、環境ホルモンとして生殖異常を起こしたり、発ガン性が認められているものなど、非常に毒性が強く、危険なものが一般的に使われています。
ペットフードに使われるもっともポピュラーな化学合成酸化防止剤のエトキシキン(エトクシキン、エトキシゾール等、呼び方はいろいろありますが、どれも同じもの)は、ダイオキシン系の化学合成添加物です。これは、ベトナム戦争の時に使用された枯れ葉剤の原料としても有名で、現在ではその猛毒性から農薬としては一切使用が禁止されていますが、ペットフードの添加物として表示されずに添加されている場合があります。
ペットフードメーカーは酸化防止剤の安全性に問題がないことを宣言していますが、ペットが生涯に渡って毎日食べる可能性のある食事に、飼い主も知らないうちに危険な添加物が使用されている可能性が高いのです。



正直です。
使っていますと書いています。
自分たちも見事に当てはまってますね。
何も書かないメーカーよりマシです。
無添加 無農薬 自然派 国産 原材料国産 中国産原料は使わない
としか宣伝しない。でも、原材料100%表示はしない国産プレミアムメーカとは雲泥の違い。
上記宣伝文句はなんか、全てに抜け道がありそうで、
余計に怪しそうです
 

セレン酸ナトリウム、亜セレン酸ナトリウム
これも、調べてみるとおもしろい。
 
さて、本当に水とそれだけで健康でいられるペットフードってあるのかなー

H22.9.30追記

硫酸銅の人間の致死量 50kgの人で15g
しかし、実際は0.02~0.05gの摂取で嘔吐する為、死ねない。

0.02g÷50kg=0.4mg/kg
人間の場合、体重1kgあたり0.4mgの硫酸銅の摂取で吐くらしい

食品添加物※として認められる量 銅0.6mg/Lで添加した場合の摂取量は、
硫酸銅のうち銅の重量比率約20%として、3.0mg/L≒3.0mg/kg
1kgのチワワで1日50gぐらいのフード食べるとして、
1日の硫酸銅摂取量は 3.0mg×0.05=0.15mg/日

※使用制限有りとはいえ食品添加物として認められているのは日本だけのようです。

なるほど、0.6mg/Lぐらいの割合での添加だったら大丈夫そうですね。

ただし、aafco基準では銅は7.3mg/kg最低必要だといっています。
だからといって、硫酸銅の量を10倍増やすとどうなるか・・・・・・
オエェェェーゲボッゲボッ
いったい本当にどれくらいの量が添加されているんだろうね?

そうかそうか、
過剰に入れられてたら、吐いてしまうから安全なんだねtt
吐かないぎりぎりの位置で添加するのが企業努力なんだねtt

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。