スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TLC

ネタ募集いただきました。
書きなぐります。

代理店制度を設けない販売のようですね。




仔羊ミール、鶏ミール、オートミール、全粒大麦、全粒米、鶏脂、ポテト、鶏肉、鮭肉、鶏レバー、サーモンオイル、炭酸カルシウム、亜麻仁、乾燥全卵、塩化カリウム、乾燥酵母、昆布、レクチン、乾燥リンゴ、トマト、チコリ抽出物、マンナンオリゴ糖、コリン、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ニコチン酸、ビタミンC、イノシトール、Dパントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、リボフラビン、βカロテン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄分、銅、マンガン、ヨウ素酸塩カルシウム、セレニウム)、タウリン、グルコサミン塩酸塩、ユッカシジゲラ抽出物、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、Lカルニチン、コンドロイチン、タイム、桂皮、アニス、カモマイル、ホースラディッシュ、ジュニパー、生姜、ローズマリー抽出物


Lamb Meal, Chicken Meal, Oatmeal, Whole Grain Barley, Whole Brown Rice, Chicken Fat (Preserved with Mixed Tocopherols, a Natural Source of Vitamin E), Potato, Chicken, Salmon Meal, Chicken Liver, Salmon Oil (Natural Source of DHA), Calcium Carbonate, Flaxseed, Whole Dried Egg, Potassium Chloride, Cultured Yeast, Kelp, Lecithin, Apple, Tomato, Chicory Root Extract, Mannan-oligosaccharides, Choline Chloride, Vitamins, Vitamin A, Vitamin D3, Vitamin E, Niacin, Vitamin C , Inositol, D-Calcium Pantothenate, Thiamine Mononitrate, Riboflavin, Beta Carotene, Pyridoxine Hydrochloride, Folic Acid, Vitamin K, Biotin, Vitamin B12, Minerals, Zinc Proteinate, Ferrous Sulfate, Iron Proteinate, Zinc Oxide, Copper Proteinate , Manganese Proteinate, Manganous Oxide, Calcium Iodate, Selenium, Taurine, Glucosamine Hydrochloride, Yucca Schidigera Extract, Probiotics, Lactobacillus Acidophilus, Lactobacillus Casei, Enterococcus Faecium, Bifidobacterium Thermophilum, L-carnitine, Chondroitin Sulphate, Thyme, Cassia, Anise, Chamomile, Horseradish, Juniper, Ginger, Rosemary Extract

小生 訳
ラムミール、チキンミール、オートミール、全粒大麦、全粒玄米、鶏脂肪(混合トコフェロール、ビタミンEの天然ソースで保存)、ポテト、チキン、サーモンミール、鶏レバー、サーモンオイル(DHAのナチュラルソース) 、炭酸カルシウム、亜麻仁、乾燥全卵、塩化カリウム、培養酵母、ケルプ、レシチン、アップル、トマト、チコリ根抽出物、マンナンオリゴ糖、塩化コリン、ビタミン、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、ビタミンC 、イノシトール、D -パントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、リボフラビン、ベータカロチン、ピリドキシン塩酸塩、葉酸、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12、ミネラル(亜鉛タンパク化合物、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、酸化亜鉛、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、マンガン酸化物、カルシウムヨウ素酸、セレン)タウリン、グルコサミン塩酸塩、ユッカシディゲラエキス、プロバイオティクス(乳酸菌、カセイ、エンテロコッカスフェシウム、ビフィズス菌サーモフィルム)、L -カルニチン、コンドロイチン硫酸、タイム、カッシア、アニス、カモミール、西洋わさび、ジュニパー、生姜、ローズマリーエキス

Guaranteed Analysis
Crude Protein (min) 26.0%
Crude Fat (min) 16.0%
Crude Fiber (max) 5.0%
Ash (max) 10.0%
Moisture (max) 10.0%
炭水化物 43%
Calcium (min) 1.8%
Phosphorus (min) 0.9%
Copper (min) 14 mg/kg
Zinc (min) 180 mg/kg
Vitamin A (min) 12,000 IU/kg
Vitamin D3 (min) 1,300 IU/kg
Vitamin E (min) 150 IU/kg
Vitamin B6 (min) 5 mg/kg
* L-carnitine (min) 100 mg/kg
* Omega-3 (min) 0.4%
* Omega-6 (min) 3.0%
* Glucosamine (min) 300 mg/kg
* Chondroitin (min) 100 mg/kg



原材料TOP2の仔羊肉、鶏肉は表記は生肉部分だけを使用している?とのことで敢えてミールの表現を使用していないそうですが、どうなんでしょうかね?日本ではそれが許されてしまうのか。
ミールです。
バイネイチャーも同じような表現(筋肉部分のみ)がありましたが、
あのフードと異なるのは、炭酸カルシウムの添加です。
このフードは炭酸カルシウムがそれなりの位置に表示されていますので、
営業文句への疑いは薄くはなりますが、
恐らく生肉とは違い、no-by-productsの超訳だと思います。骨は入っているでしょう。
生肉・皮・骨のミールと思います。
本国HPでも明確に「骨抜き」という表現は私の英語力では見つけられませんでした。
fresh chiken・poultryとby-productsの差は一生懸命説明しているところは見つけられましたが・・・
その表現で骨抜きであるとは読解力不足で読み取れませんでした。


aafcoは生肉だけとか生肉のミールの表現って定義してないのかな?
なのでメーカーも??な状態なんでしょうかね?
no-by-productsをうたっても骨内臓頭他抜きにはならないんですよね。


鶏脂肪の前に原材料が5つ並んでおり、全て乾燥品。
蛋白質26%のうち動物性蛋白質の割合はそれなりに高いことが確認できます。

穀物についても全粒の表記があり、副産物のみではないことが確認できる。

繊維が5%ありますので、便は安定しやすいと思います。
繊維源としては目立ったものはなく、全粒穀物が主体になりそうな感じですが、
レシチン・ケルプ・チコリの繊維の他にポテト、亜麻、リンゴ、トマトあたりも隠れてそうですね。
 亜麻なんかはサーモンオイルとオメガ3の量から見るとなんとなく副産物のような・・・?

脂質はこんなもん16%になっちゃうんですかねぇ。
私の好みとしてはもう少し下げていただきたい。

灰分10%は、高いですね。どこにそれだけの灰分があるのだろう。
ラムミールチキンミールは生肉だけだというし・・・
灰分が高いのは低品質なミールのイメージなのだが・・・・謎だ。
確かにカルシウムは高めなのだが・・・・

ミネラルについては、仕様変更前?は硫酸銅が含まれていたようで、今も尚HPにはその記載がありますが、
仕様変更後?はキレート剤に置き換わっています。
酸化金属や硫酸第一鉄は残っておりますが、ミネラル添加物はそれなりのものになったようです。
セレンは亜セレン酸ナトリウムでしょうね。

プロバイオテックスも添加されています。
ここは私自身勉強不足ですが、良いもののようです。

タイム、カッシア、アニス、カモミール、西洋わさび、ジュニパー、生姜、ローズマリーエキス
カモミール、ローズマリー以外は珍しいですね。
それぞれ副作用等もあるでしょうが、最後尾であるし適量であれば問題ないとは思う。
一生食べ続けるのはどうでしょうか。

製法について、日本のHPには一言だけオーブンベイクの表現があります。
でも、前面に押し出してきていないので、どんなものか確証が得られない。
実際買ってみてふやかしてみたら、発泡かそうでないか分かるのでしょう。

日本国内リパックとHPに明記してある。リパックの仕方も少し書いてあります。
明記するだけ良いと思います。

     34lbs   $58.95
 17.6lbs   $48.95
  5lb box   $22.95
20lb box  $50.95

原材料については、全般的に悪く見えるところは少なく
食材数も多めで比較的良いフードに仕上がっているように見えます。
いつ仕様変更になったのか分かりませんが、
なんとなく随分前のような・・・。
日本のHPも直した方が良いんじゃないでしょうかね?
たくさんの情報を流すことは有難いことですが、それに従いメンテナンスも大変になります。
がんばりましょう。


このメーカー日本の営業マンは、
まじめなところ(情報を積極的に開示)がある一方、
オカルト的なところもある。
4D肉を使っているフードがあるとか悪いフードはアレルギーになりやすいとか煽ることで、
自分のところを持ち上げる。
4Dを使っていないとか言うのは良いけど、アレルギーになりませんとばかりに言うのはどうかと・・・。
他にもいやらしく見える営業のところはありますが、今日はここまで。

仕様変更後のものは☆3つつけたいけど、日本HPが変わるまでは評価変えないよっ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はっ早い!
けっこういい感じですね。
カナダのフードってレベル高いような。
最近、人間の食べている加工食品の成分が気になってしょうがなくなりました。
ワンコよりやばいもの食べてるかも。
栄養バランスも良くないし、カロリーも摂りすぎだわ。
反省反省・・・。

Re: No title

ドッグフードの見方についてはわたしもパターン化してますので、
普通は取り組めば1日で書いちゃってます。
他の記事のストックの関係で公開が遅れたりとかそんな感じです。


添加物も常識的に考えて普通の人よりいっぱい食べているようなものは気をつけたほうが良いかもしれません。

食品は特に法と体制が整っているはずなのでよっぽど大丈夫だと思いますが、
ああいう規制値って、
急性毒性の量と1年間の想定摂取量の設定があって然りなんです。
放射線と似たようなものですね。1年間浴び続けなければ危険じゃないんです。

食品も、平均値か最大値か分かりませんが1年間の摂取量を想定するはずなので、
一般的な日本人と比較し食生活によっぽど偏りがなければ大丈夫です。

ドッグフードも理論的には同じはずなんですが・・・。


あ、食品の添加物を見るなら、
前も書きましたが、表より裏、原材料は最初より最後です。
そこに危なっかしそうな保存料や着色料が書いてあります。

カテゴリーの「食べ物」のところには、
私が気にしてるもののいくつかは記事にしてあります。
まぁ、食品添加物でググるとわさわさ情報は出てきます

No title

TLC、私もお聞きしたかったので 助かりました。^^

それと…ブルー ウィルダネス…買えなくなっちゃうんですね(泣
うちはダックをローテに食べさせていたので すごくガッカリです。
もう日本には入らないのかな…。
ショップに在庫があるうちは買って食べさせようと思ってます~。

Re: No title

ブルーはそうなんですよね。
まぁ、どこかが入れてくれるでしょう。
日本で知名度の低い新しい別のフード入れるよりは良いでしょうから。
何かを変えないと二の舞でしょうけど。
確かに評価も高く、アメリカでの値段も高い
けど、それにもまして、日本価格高かった・・・・。

ブルーの代わりを考えているフードもあるんだけど、それも高いんですよねー(;´Д`)
1チワワなんで金額はしれてるんですが、ぼったくられ感が嫌なんですw
いろいろと難しいんでしょうけどねー
ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。