スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカナ ラム&アップル

ネタ募集で頂きました。

私が☆付けていたフードですね

アレルギー関係のお話は、難しくよく分からないので、それほど触れられません。
自分の頭の中でさえもまとまっていません。

早速行きます




Protein .........27 % 蛋白質
Fat .............15 % 脂質
Fiber ............3 % 繊維
Carbohydrate ....30 % 炭水化物

灰分       15 % ?
Calcium ....... 1.8 % カルシウム
Phosphorus .... 1.2 % リン
Omega-6........ 2.5 %
Omega-3 ....... 0.5 %
Glucosamine ....700 mg/kg グルコサミン
Chondroitin ....500 mg/kg コンドロイチン



本国HPより
New Zealand lamb meal, steamed oats, peas, sunflower oil, de-boned New Zealand lamb, red delicious apples, natural lamb flavor, flaxseed, alfalfa leaf, pumpkin, turnip greens, cranberries, saskatoon berries, organic sea vegetables (kelp, bladderwrack,dulse), burdock root, marshmallow root, juniper berries, fenugreek, sweet fennel,angelica root, sea buckthorn, chicory root, stinging nettle, red raspberry leaf, milk thistle, peppermint leaf, marigold flowers, chamomile flowers, Lactobacillus acidophilus, Enterococcus faecium.Vitamins (vit. A, vit. D3, vit. E, niacin, riboflavin, lysine, thiamine mononitrate, vit. B12,pyridoxine, folic acid, biotin). Minerals (iron proteinate, zinc proteinate, manganeseproteinate, cobalt proteinate, copper proteinate).

小生の訳
ニュージーランドラム肉粉、蒸しオーツ、えんどう豆、ひまわり油、骨抜きニュージーランドラム肉、おいしい赤リンゴ、天然ラムフレーバー、亜麻仁、アルファルファ葉、カボチャ、カブラ菜、、クランベリー、サスカトゥーンベリー、有機海藻(昆布、ブラダーラック、ダルス)、ゴボウ、マシュマロルート、ジュニパーベリー、コロハ、スィートフェンネル、アンジェリカルート、シーバックソーン、チコリー根、イラ草、レッドラズベリーの葉、オオアザミ、ペパーミントの葉、マリーゴールドの花、カモミールの花、ラクトバチルス乳酸菌、エンテロコッカスフェシウム、ビタミン(A、D3、E、ナイアシン、リボフラビン、リジン、チアミン硝酸塩、B12、ピリドキシン、葉酸、ビオチン)、ミネラル(鉄タンパク化合物、亜鉛タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、
、コバルトタンパク化合物、銅タンパク化合物)


輸入元のHPより  仕様変更前?
羊肉(無水分)、蒸しオーツ、えんどう豆、骨抜き羊肉、ひまわり油、干しアルファルファ、天然ラム風味料、リンゴ、カボチャ、ニンジン、カブラ菜、クランベリー、サスカトゥーンベリー、オーガニック海藻(昆布、ブラダーラック、ダルス)、ゴボウ、ビロードアオイ、ジュニパーベリー、コロハ、スイートフェンネル、アンジェリカルート、シーバックソーン、チコリー根、イラ草、レッドラズベリーリーフ、オオアザミ、ペパーミントリーフ、マリゴールドフラワー、カモミールフラワー、ビタミン(ビタミンE、塩化コリン、ビタミンA、ビタミンD3、チアミン硝酸塩、ビタミンB12、葉酸、バイオチン)、海塩、ミネラル (キレート鉄、キレート亜鉛、キレートマンガン、キレート銅)、アシドフィルス菌、腸球菌



まぁ、輸入元ってこんなもんですね。
HPリニューアルしたりしてたようですが、肝心なところは正しくしていないです。
まぁ、輸入元にとって肝心なところは営業文句の所なんでしょうが・・・。
ホームページは所々かなり古いページにリンクしてるし、営業は頑張らないといけないね。


アレルギーなんたらってうたいたがるフードは、
脂肪も鶏脂肪避けるようですね。
このフードはサンフラワーオイルを使用しています。
チャンピオンペットフード社には珍しくオメガ3源として亜麻です。
魚油まで避けています。
植物油については、人間用でも色々あって、それぞれ
単価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸
飽和脂肪酸
の割合が異なりますので好きなの選んでください。
注意しないといけないのは、
肥満気味、現代病の人間で言われる健康的なイメージの油を
そのまま飼い犬にとって健康的な油だと決めつけないことです。
この辺は、勉強してみてください。
私も今ひとつ、分かりません。

red delicious apples
 これには少し笑ったので直訳しました
 悪いことではないですw
 レッドデリシャスアップルという品種らしいです


天然ラム風味料
 これの中身は何でしょうか?
 一般的に種類(ラム)が書いてあるのは大丈夫と聞きます。
 血か内臓あたりでしょうか?

野菜果物ハーブ類
 アカナに共通する一つの特徴です
 数多くの食材で好きな部分です


パッケージには書いてありますが、
ラム40%フルーツ野菜30%オーツ30%で100% なんですよね、
脂肪とかエンドウ豆とかいれたら120%とか行っちゃうじゃん?
あの表示の意味わかんねーーー

たぶん
肉?:40%、フルーツ野菜?:30%、穀物?30% かな?
正確には、
ラムミール35%
骨抜きラム肉7%
だと思います。
蛋白質27%はほぼ動物性蛋白質であることが分かりますが、
このデータからもう一つ分かります。
ミールには恐らく10%ちょいぐらいの灰分が含まれています。
そのうち1.8%弱はカルシウムでしょうが、
ちと高くないかい?灰分。
なんとなく低灰分のミール使った方が良いと思う。

どのメーカーもラムについては灰分、主にカルシウム値は高い傾向にあります。
そういう動物なんでしょうかね?骨骨しいのかもしれません


チャンピオンペットフード社のフードは全て、
グルコサミンコンドロイチンはもれなく多めに入っています。
他社のシニア向け(コンドロイチン配合!!!)ってでかでかと書いてフードよりよっぽど多いです。
実際に効くのかどうかは私は知りませんが、
お好きな人はどうぞ。


ミネラル添加物については、
アカナは申し分ないです。全てキレート。
このフードはセレンの添加も無いことが素晴らしい。

ビタミンの中にリジンが入っているけど、アミノ酸・・・


原材料については、アカナらしく、スキが少なく整ったフードと思います。
計算が正しければ灰分値は高い。
また、営業についてはホームページをもっと頑張れ
最近値引きを許し始めたのは素晴らしい。
以前はぼったくり感があったものの、最近は少し和らいだ。

取扱量増やしてYKさんぐらい頑張ってよ

コメントの投稿

非公開コメント

私も

ちょうどうちの子ように、ライト&フィットの原材料を英語と日本語で比べていました。
ところどころ抜けているし、私もred delicious applesは笑いました。いいけど。

proteinateってうまい事訳せなくて。タンパク化合物ってことなんですね。

あと、アーテミスのウエイトマネージメントの日本語訳もすごい違ってました。モデルチェンジしたの?ってくらい。

とても勉強になりました。確かに輸入元の情報を鵜呑みするのもよくないなと実感。

Re: 私も

リンゴについては、芯と皮を使うのが多いから、
それと違うことを強調したくて書いたんでしょうw

原材料はホントどこもテキトー
輸入元はそんなところどうでもいいだろうね。
消費者もどうでもいいんだろうし、
それがニッポン。
日本語が書いてあると安心するのは、この業界以外にした方が良いと思います。

No title

>red delicious apples

これについて読者さんから間違い指摘頂きました。
ありがとうございます
リンゴの品種名らしいです。記事修正します。
ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。