FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料で判断できること

私の良いフードと悪いフードの選別の仕方ですが、少しお話しします。
別にスタンダードでもなく、私はこうやってますってだけ。





ドッグフードなんか高いか安いかで良い悪いは決まらないけど、
高い方が良い傾向にあるのは間違いない。

原材料に高い安いもあり、高いから良い材料とは限らないけど
高い方が良い傾向にある。
安くて良い材料があれば、それはドッグフードの原料として定番に位置することになる。
例えば、和牛と鶏
犬にとって鶏の方が和牛より安くて良い。
安くて良い材料があるのに、わざわざ高い和牛肉なんかドッグフードに使うような馬鹿なことはしない。
だから必然と 安くて良い物は定番になる という傾向は出てくるんです。


だからドッグフードの値段を見ればある程度の原材料の善し悪しも分かってきます。
海外小売価格で比較が誤差が少ないと思います。

また、フードを見ていると
高いフードがよく使っている材料
安いフードがよく使っている材料

そういったものも見えてきます。
前述したとおり、安くても良い材料なら普通に定番となりますが、
安くて良くない材料は安くないけど良い材料に変更されるのが普通ですので、

高いフードがよく使っている材料
安いフードがよく使っている材料

というものが見えてくれば、ドッグフードの値段を見なくても
これは良さそうなフードだなぁとか高そうなフードだなぁとかいう感想を得ることができるようになると思います。
こういったものや、他の何かを身につけなれば、
メーカーや代理店の話、ユーザーの声を見なきゃ何も分からない。値段だけが頼りだ。
とならずに、、自分である程度良さそうだなと思うことができるようになると思います。

上級者さんなんかは、もっと良い選び方があるかもしれませんね。



さてさて、なんとなく私の頭の中にある情報

<高いフードがよく使っている材料>
・キレートミネラル
・プロバイオテックス
・ピート系以外の繊維質

<安いフードがよく使っている材料>
・硫酸化合ミネラル
・酸化金属
・ビートパルプ
・セルロース
・ビール酵母
・とうもろこし・とうもろこしグルテン、とうもろこし粉
・大豆・大豆粉・大豆油・大豆グルテン
・小麦・小麦ふすま・小麦粉
・米糠(ぬか)
・植物系グルテン


まぁ、後者は材料として粗悪だと言われるものもありますが、
それ自体が絶対的に悪いものばかりではありません
安いフードに使われやすい傾向のある材料です。
なぜならミネラル以外は人間の食べ物の副産物が殆どだからです。だから安く手に入ります。
逆を言うと、これらを使っているからこそ安く製造できているともいうかもしれません。
安くて良い材料なら申し分ないです。

重要なのはバランスですね。
ただ単に高ければ悪いフードだし、
安くても良い材料使っていれば良いフードだし、
いろいろな目を身につけていきましょう。
他にも大事なところもいっぱいあると思います。私にはここまで。




まぁ、私の硫酸化合物についてがまさにこの基準
初めからこんな決め打ちしてたわけでなく、いろいろな種類のフード見て傾向を見つけただけの話。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。