スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液検査結果

血液検査の結果が出ました。

腎臓で引っかかる

1ヶ月後に要再検査

総蛋白     5.6g/dl 標準5.9-8.1
尿素窒素(BUN)  34mg/dl 標準8-32
クレアチニン    1.3mg/dl 標準0.9-2.0

尿素窒素(BUN):クレアチニン=10:1程度(標準)

BUN上昇時はBUNクレアチニン比を見る
10以上の場合は腎外性因子を、10以下の場合は腎性因子を考慮する。

らしい。

つまり10以下(クレアチニン値も共に悪くなっている)場合は腎機能が悪い
10以上の場合腎機能以外の因子を考えるということかな

腎外性因子としては
・食事による生理的な変動は数mgの変動の範囲内。つまり高蛋白食。
・筋肉が壊れたり、火傷・悪性腫瘍等での高値
・下痢や嘔吐による急激な体液の喪失


クレアチニン値は腎機能の低下と共に上昇する

また、
尿素のほとんどは、腎臓の糸球体で濾過されて尿中に排泄されますが、その一部は再吸収され血中に戻されます。
一部再吸収されるので、高タンパク食により血中尿素窒素(BUN)が高値となることはありますが、これは生理的な現象で腎機能障害ではありません。

こんな風に言っている人もいます。クレアチニンが問題なければ問題ないとの言い方。


簡易検査で引っかかった白血球数が多いことについては、
CRP値が問題なかったため、どこかの炎症等によるものではなく
受診時のストレスによるものでしょうということで特に問題なし。



結局はどうなんだろう?
腎機能が低下しているわけではないが、
尿素が排出しきれず血中に戻ったということか。少しパンク気味状態か?
尿素窒素の値のとらえ方が、高蛋白派と従来派の違いかな
BUNが高いこと自体が問題だとする意見と、高くてもそれは腎機能の疲労とは関係ないとする意見。


窒素については、アミノ酸バランスが悪いと排出量は増える
スコア100以上の余剰部分(スコア不足の場合でもそれ以外が余剰として扱われる)が多いということもあるのか。
蛋白質の「質」の問題ですかね


これを受け少し検討してみるか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。