FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説得して欲しい

BHAについて
過去記事 BHAについて

可否については結構?意見分かれますね。
いや、使用メーカーは肯定、消費者は否定かな?

酸化した脂はBHAより毒性が高い
ドッグフードに添加されるBHAの量なら健康に害することはない

というのが肯定論

私の否定論は、BHA添加有りと無しでは無しの方が健康には良い

さて、肯定論も分からないわけではなくごもっともであると思う。


だけど、そこでもう一つ説明が欲しいのは、
BHA無しや未使用と言われるものは一般的に開封後は速やかに消費とか
1ヶ月以内にというのがよく言われている。

それが正しいかどうかは別として、
それと比べてどうですか?という根拠が欲しい。

(とりあえずキャリーオーバーの話は別)

例えば私は、最低限の管理として
大袋開封後は1週間分を取り出して、小分けした分は瓶に入れる
大袋は空気を出来るだけ抜いて密封し、1ヶ月以内に全部消費。
大袋での出し入れは計4回程度になる。
この程度が最低ラインの管理としてあるべきか。
(私はもう少し厳密に管理している)
で、4週目の一番最後に与える一番酸化していると思われるフードの酸化度の毒性がどれくらいあるのかが知りたい。

酸化した脂は毒性が有るとの根拠はある?ようなので
上記の管理でのフードの酸化度での毒性を調べて欲しいのだ。


今のところ、
BHAを大量に投与したラットの実験結果
酸化しきった?脂の毒性結果
の結果はあるようだが、比較してもなんとなく、現実的にどうなの?ってわからないままだ。

食品では、食品により明らかに禁止されたり、添加できるものも添加できる量も制限され、
BHAはだめだという意見が多い中、
BHAを肯定するならメーカーにはそれぐらいのデータや根拠を提示して欲しい。


いつまでたっても、酸化した脂よりBHAの方が安全だという話しか聞けない。
比較対象の酸化した脂がどの程度酸化したものかが分からない。
ロイヤルカナンでBHA有無で、無しの方はBHAの変わりにトコフェロールでも添加して同条件でやるだけでも説得力はあると思うので、
やって欲しい。


ウォルサムぐらいならいくらでもできそうな感じはする。


ちなみにビタミンEの酸化防止効果は1ヶ月程度だとも言う記事を見たこともある。
製造工程~パッキング~保管~消費を考えると消費の段階で既に酸か防止効果はなくなっているということも想像できるが、
それが、「1か月程度で消費」の根拠になっているかどうかは分からない。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。