スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚粉(フィッシュミール)

魚粉(フィッシュミール)ってなんなんだろう?って少し調べてみた。


魚粉出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

魚粉(ぎょふん)とは、魚を乾燥して砕き粉状にしたもの。フィッシュミール、魚粕とも呼ばれる。飼料や有機肥料として、また、直接食用としても用いられるようになった。

概要魚油として利用した後の絞りかす、食品加工時に出るアラなどの廃物利用、もしくは食用にする需要を満たしてなお余りうる魚を直接的に利用する。

世界的にはイワシ(アンチョビ)などが対象となることが多い。日本では、サンマやニシンを用いることがあった。

用途は幅広い、肥料としての歴史は古く、江戸時代の日本では金肥(購入して使う肥料)として流通していた歴史もある。飼料としては、養鶏飼料から始まり魚類の養殖飼料としても利用されるようになった。食用には、カルシウムやタンパク質を豊富に含むことが着目され、ダシをはじめとした食材としても利用されている。



次ー、

トレーサビリティのしっかりした魚粉
ttp://izukawa.com/products/fishmeal.html

お好み焼き粉とかダシにも使われているようですね。

加工残渣を使用していることとトレーサビリティがしっかりしていることは別のことです。

USDA認証というのもそんな感じですかね?
中身がなにであるかを証明するだけ


サーモンミール・ニシンミール と 魚粉の違いはこんな感じでしょうか?
魚の名称があるからといって可能性が除外できるわけではないですが、加工残渣のみという可能性は低くなるでしょうね。
まだまだ中身がよく分からない。


まぁ、毒じゃないし、粉にしてあるし栄養もあるしちゃんとした食品であるものもあります。
私も、魚のあら たまに買って料理に使いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。