スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発酵ベジ

発酵ベジ使っています。
発酵ベジは、繊維源、蛋白質と脂質の低減目的(炭水化物増)
酵素がどうだとか消化を良くするためとか考えていません。
太郎は今まで軟便で悩んだこと無いです。
本当に単純に、かさ増しと硬便の対策だと思ってやっています。(間違っているかもね)

朝昼はそのままふりかけ (家内か娘が準備するから)
フード10g + 発酵ベジ2g

夜はわしが準備する、発酵ベジを水でふやかした後
フード12g + 発酵ベジ3g + 水


発酵ベジはくさいというか独特のにおいがある
少しすっぱめのにおいで、カップ麺のスープの粉のにおいに似ている
ぬか漬けの臭いとも似ているか

OBTパラレルになって1ヶ月も過ぎた頃から少し食いつきは落ちてきている。
女房「このくさいのがいかんのじゃないの?」
と言うので、わしもう~~むと悩む。

お皿を分けて別々にやると、フードを先に食べ次にベジを食べる
特にフードにがっつきベジを食い渋るというそぶりもない。

まぁ、季節的なものと飽きかなぁと思っている。

発酵ベジは消化を助けるものにもなっているのかもしれないけど、
半発酵しているといっても、やはりにんじんは便に混じっていて消化は悪い。
これは乾燥野菜のときと同じ。
でも目的は硬便防止なので、消化悪いものの方がかえって都合は良い
パラレル単独で続けていないのでパラレル単独で硬便なのかどうか軟便なのか分からないけど、
現状の給与の仕方で特に便は異常なし。良いうんこです。

乾燥野菜ではなく発酵ベジを選んでいるのは、発酵しているから良いとか悪いとかそういう理由ではなく、
単純に単価が安いからです。
乾燥野菜って結構高いんです。


乾燥野菜あげていた時も単独じゃなく色々混ぜてやりたかったので数種類ぐらい混ぜてました。
簡単に手に入るのは、キャベツ、大根葉、切り干し大根、レンコン、ごぼう、にんじん、しいたけ、昆布
このあたりが乾燥野菜で比較的簡単に手に入りますが、重量単価は高いです。
以前あげたときは、ミルサーである程度粉みたいにしてあげていました。

一般的に栄養があるから食べなさいといわれている食材っていうのは、
人間が不足しがちな栄養素を多く含んでいるものです。
これらの食材は逆にいうと栄養素に偏りがある食材ですので、
それらが栄養があるからという思いで犬にいっぱいあげるということは少し危険だと思います。
なぜかというと、総合栄養食であるドッグフードをベースに栄養を摂取しているならば
基本的にはバランスは取れているんです。
そこに例えば鉄分の多いほうれん草、ミネラルの多い昆布などを人間の思いで過剰に与えると
逆にバランスが崩れます。

なので、どちらかというと、栄養のなさそうなイメージのものをあげていた方が無難ではあるし、
偏りを無くすという意味ではやはり種類を増やした方がモアベターだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。