FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬猫兼用フード

ワイソンって、犬用と猫用共用しているフードもあるんですよ


まぁ、野生で言ったら、確かに言うほどご飯を厳密に区別しなくても良いかなって感じはする。
だってそんなに厳密に栄養素を管理して食ってる野生動物いないしw

だけどタウリンなんかは猫は必須としているかな?
犬にはタウリンあってもなくてもよく、最近はあった方が良いとの話もある。
過剰症もない。
なので、入れてしまえば兼用の障害にはならない

故に細かな栄養素を除けばワイソンの論も当然あって然り。

それこそ、人間の食べる残飯飯食って20年生きる犬もいるであろう。
と、ここで都合良く用いてみると
人間と犬は違うけど大丈夫じゃんね?だから、犬猫同じでも20年生きるのもいるさww と。


と、まぁそれは別としても、
aafco基準で見比べても、両方を満たすってそれほど難しくなさそうなんですよ。

そして、具体的には、

ワイソン ナーチャーwithフェザント ってありますよね?
このフード猫でも犬でも良いと書いてあります。
で、このフードは、
キャットフードのワイソン ニューチャーをベースにフリーズドライ雉肉を混ぜたものなんです。
ちなみに

ワイソン ナーチャーwithフェザント
粗蛋白質  39.0%以上
粗脂肪   13.0%以上
粗繊維   5.4%以下
粗灰分   3.0%以下 
水 分   12.0%以下

ワイソン ニューチャードライ(キャット)
粗蛋白質  35.0%以上
粗脂肪   15.5%以上 
粗繊維    3.0%以下
粗灰分    5.4%以下
水 分    12.0%以下

限りなく蛋白質比率の高い雉肉をニューチャーに入れるとナーチャーwithフェザントの
成分保証値になるんでしょう。
原材料表記もフリーズドライ雉肉以外は全く同じです。
恐らく、本当に雉肉を足しただけのものだと思います。
(ニューチャーの方には猫用と書いてあります)



なかなか、わたしにとっては目からうろこでしたけどね。



で、こんな事があると、キャットフードを犬が食べても良いんではないかと思ってしまう。
逆(ドッグフードを猫に)は今のところタウリン他を満たさない場合があります。
他にもビタミンやミネラルなんかも違いますが、ものすごく大きな事ではないです。

あちこちの一般のQ&Aや掲示板で、キャットフードを犬に与えてはいけません。
とか書いてあり、
ダメだとか、長期的な目では良くないとか、色々なレベルかいてあります。

けどさー、キャットフードを犬にあげても結構大丈夫な気がしてきた。
明確な根拠もないし、あげないとは思うけど、
ダメだという明確な根拠もないなあ。
aafco基準を厳密に一つたりとも外れてはならないなんて事はないと思ってるし。
キャットフードの成分値ってどこのブランドもだいたいドッグフードより蛋白質が↑なんです。
蛋白質30%ぐらいで脂質10%ぐらいのフードが結構あって、数値だけ見ると好みなんです。
でも、さすがに怖いw
ワイソンのように公言してくれればのっかるかもw


ドッグフードを猫にあげる場合はタウリンの追加と高蛋白以外のドッグフードだとかわいそうな感じはするね。
そりゃー猫は犬よりも肉食であることは明らかだし。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

うひひ~発見(て遅い?)残暑お見舞い申し上げます。
大丈夫ですよ。キャット用(プレミアム)フードを犬に与えたって全然大丈夫。
ただし、食性の違い上、キャットフードのほうが高たんぱく高脂質になっているので、長期的にずっと与えていると、肝臓に負担をかける、と理論的にはいえますが、エボみたいなフードをご愛犬に与えている人は気にせずにプレミアムキャットフードを与えていいと思われます。実際、イノーバエボのキャットフードは実に犬向きの組成になってます。
で、うちの犬はイノーバエボのドッグフードで思いっきり肝酵素の数値が上がってしまったので、今はうちのネコが件のドッグフードを食していますよ。
タウリンについては生の内臓や魚に豊富に含まれるので、週に1度くらい、ちょっと食卓にのぼる刺身や、レバーなどを与えれば解決します(もっともプレミアムドッグフードは十分にタウリンも入れてあるものが多いみたいです)。

No title

こんばんわ
ずばっとコメントありがとうございます。
まさにその通りと思っています。
タウリンと亜鉛ぐらい気をつけておけば大丈夫かな・・・と。
亜鉛については、要求量が倍ぐらい違ってた気がしますが、
消化率が高いと言われるキレート系ならものすごく大きな問題でもないと思っています。
猫用は全体的に高蛋白高脂質なので、
低脂質低蛋白のブランドの猫用が、犬用の中高蛋白中脂質で数値的にはピッタリ来ます。
ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。