FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプー(犬も人も)について

人間用のシャンプーを犬に使用するということを前提にいくつかピックアップします。
当然人間と共用してよい物です。
「犬用シャンプーは全成分表示していないし、怖くて使えない。」
「人間用を使った方が良いのじゃないだろうか」
「犬用って値段が高いだけでたいしたことねーんじゃねーの?」
「わざわざ犬用に買わなくても自分と同じの使えばいいじゃん・・・」
って人向けに!

あーーー!
わしが、大丈夫って勝手に思っているだけだからね!


それと、下にあげるものは人間用ですが、、
市販量販品を使用していた人達がいたら、生活レベルがグレードアップするかもしれませんね。
一応むちゃくちゃ高いものは外して、それなりのもので選んでいます。


それと、ティーツリー については、少し強いようです。
人間用の方が精油の使用量が多いのもあるようですので、
子猫にだけはティーツリー品はご注意した方が良いものもあるとの記述を見ました。
精油が強すぎると犬猫にはあまり良くないようなことも聞きます。


<石けん系シャンプー>

一つ目以外はドラッグストアで売っています。
石けん系は使用感は落ちますが、安全性は高いと思います。
「お金はあまりかけたくないけど安全性は重視したい。」
「毛並みしっとりさらさら良い香りですべすべではなく、ぎしぎしでもしょうがない。」
そんな人は石けん系を選んでも良いかも


・ペカルト ハーブシャンプーH(400ml) 1,155円(税込)

・シャボン玉石けん EMシャンプー (600ml) 1,260円(税込)

・ミヨシ 無添加 せっけん 泡のシャンプー (500ml) 840円(税込)

・カウブランド 無添加 シャンプー (550mL) 1,050円 (税込)

・パックス ナチュロンシャンプー(500ml)1,155円(税込)

・ねば塾 しらかばシャンプーSS (400ml)525円(税込)




<普通のシャンプー>

「石けん系はやはりギシギシするし、何となく犬によいとは思えない」
という人向け。
いくらてきとー無責任ブログといっても、
市販の通常シャンプー(ドラッグストア品、ホムセン品)では、残念ながらオススメできるものはありません。
が、市販を使っている人でも少し高めで手の届く範囲のものを一つ。

・GAIA アロマキフィ シャンプー(500ml)1,575円(税込)

人間が使用するにはオススメの品(香料は入っています)
ノンシリコンシャンプーと言われるものです。
石けん系のギシギシがどうしてもだめな人向け。
良い品。
手頃な値段でプレミアム系の入門にしては十分な品質と思ってます。
是非ご家族で使ってみてください。
ペット向けとしては、入っている精油が強すぎかもしれません。







<体や洗顔用石けんだけど・・・>

ボディーソープ用として売られていますが、洗髪も大丈夫。
自分は体や洗顔に、犬も体用にw
人間用の市販ボディーソープとはデキが違うので大丈夫と思います。
弱アルカリだと思いますので、髪や毛を洗う場合は石けんシャンプー用リンスは使いましょう。
こちらは、香りがついているのでお店の情報は良く見ましょう。

・ドクターブロナーマジックソープ ベビーマイルド 236ml 1,155円(税込)

・メルローズ オーガニックリキッドソープ(500ml)1,890円(税込)

この2点は使用したことありませんが純石鹸系。

・ココナチュラ ボディークレンジングソープ(700ml)1,890円(税込)

これは防腐剤保存料無し系のものです。
石鹸系で、弱アルカリです。
安全度は高く、毛にも優しそう。




以上ですが、

まず、他のはどうかと聞かれても、分からない。
全部のシャンプー見たわけでもないし、気が遠くなる。



そして、
市販シャンプーなんかは水っぽいのを増粘剤?など入れてどろどろにして使いやすくしてあることもあるのですが、
紹介した中には、結構水っぽいものもあります。
また、市販シャンプーと異なり、泡立ちが鈍いものもあります。
ですので、泡の出るポンプを使用し、泡になる程度に水で薄めて入れて
泡を立てた上で使用することをオススメします。
その際は、水を入れることによりシャンプーが傷みやすくなるので
できるだけ少量ずつポンプに移して使用しましょう。

市販シャンプーはこういった対策を施してあるんですね。
香り、便利さ、保存性、使用感(指通り)とコストの安さを追求していくと、
化学の結晶になるんですね。
仕方がないことです。それを消費者が望んでいるんですから。
だから、安全かどうかは別として、非常に便利で使用感はよいものが多いんですよ。
安全と使用感を追求すると、3~4000円のサロン系シャンプーになるんです^^

純石けん系を除く、安めの市販シャンプーと言われるもの(○百円台で売っているもの)ですが、
それらは、犬用にはおすすめしません。
保存料その他などばりばり入っていて、刺激が強いというのはその通りだと思います。


以前も書きましたが、添加物で安全であるとは言い切れないものは、
パラベン 安息香酸 エタノール PG プロピレングリコール
の文字を見つけるようにすると簡単です。

舐めちゃったり、肌の弱い人だったり、肌の弱い犬だったりしたら、気にして見るのも手。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。