スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼料添加物

わしの誤った解釈をした飼料添加物の話

飼料添加物とは、
飼料の品質保持や栄養補助などの目的で添加・混和されている
薬剤や栄養素の総称。

らしい。

どこみても、こんな感じでしょうね。


だけども、私はひねくれている。

所詮、人間が人間の為の作ったもの法律。安全に食べる為の法律です。
目的は家畜の健康の為ではなく、
家畜を介して人間が摂取しないようにする為に制限しているだけ。
家畜が病気になろうがそんなことは関係ない、
乳・肉・卵にキャリーオーバーしなければ良い。


こんな考え方をしてしまいます
こんなのを前提に作られた法律だったら恐ろしいですね。

何が恐ろしいかって、
恐ろしいのは人間ではなく、家畜です。
家畜の健康は考えられてはいないということです。

基準を決めた方法を知りたいな。
その試験方法が、家畜の健康状態を見るのではなく、
その肉、卵、乳、内臓への残留物の検査であったならば、
この私の妄想は現実化する。


で、2回に分割してまで書き上げた日記、何につながるのかというと、
ドッグフードの添加物は飼料添加物を基準に用いることが多いようです。
ドッグフードメーカーもそのつもりのようです。
ミネラル添加物や保存料を都合よく、
飼料用添加物として普通に使用されているものです とか言うけれど、
(勝手に人間用とか言うご冗談を仰るメーカーや代理店もありますw)
 一度、こんな視点で考えてみて欲しいかな。
その法律が、
動物の健康の為なのか人間の健康の為なのか、
どちらの為に作られた法律かを。

ペットにおいしい肉になって欲しいわけじゃなく、
ペット自身の健康を願っているわけですから・・・

はい、妄想おしまい。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。