FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オメガ3

ドッグフードの脂質については、

わし、植物性がよいか動物性がよいか自分なりの結論出てないんですよね。
魚油は酸化しやすいとか、

オメガ3なんかは、犬は植物性は意味がないとか、

動物性のほうが嗜好性高いとか・・・
どうなんだろう?って少し調べた今でも思う。
さて、オメガ3・・・

DHAなんていえば聞いたことがある。

体によいものといわれている。

犬にも良いと言われている。←ここには異論が出ていない様子。
簡単にすると
オメガ3は

ALA(αリノレン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)この3つ。

主に植物性脂質に含まれるものがALA。

主に魚系脂質に含まれるものがEPAとDHA。


最終的に欲しいのはEPAとDHAです。
EPAとDHAを摂取するには、

魚の脂質から直接摂取する。または、植物系の油脂からALAを摂取しEPAとDHAに変換する。
人間や魚はどうもALA→EPAとDHAに変換できるらしい。
で、犬はどうか?
オリジン・アカナを作るチャンピオンペットフード社は、

犬はALA→EPADHAに変換できないから、植物性オメガ3(ALA)は意味がない

と言っている。

現に、オリジンアカナにはサーモンオイル等でオメガ3をまかなっているはず。

私は、チャンピオンペットフード社は信頼できる企業だと思っているし、

製品コンセプトも好きなペットフードメーカーです。

高いけどね・・・・tt
しかし、現状は多くのペットフードメーカーが、

オメガ3用として植物性オイルを添加し、オメガ3をXX%含有とか記載しています。

亜麻仁やしそ油がALAを含んでいますね


だけども、植物性の脂質(ALA)じゃ、全くの意味がないのどうか・・・

ここの所を信じるにあたっては私も少し躊躇しています。


なぜなら、犬は、海の中に住んでいない。

常食としてEPAやDHAを多く含む魚を食べてきたわけも無く

古来より積極的に多くの動物性オメガ3のEPAやDHAを摂取してきた生物ではないのだ。

植物性のALAは直接的にも間接的にも多く摂取してきた可能性はある。


犬が、EPAとDHAを本当に必要であれば、

生きていくにあたって、ALA→EPA・DHAに変換することは出来るはずである。

もし、変換できないという論が正しいのであれば、

EPAやDHAは、犬が生きていく為には必須ではない栄養素である。

と私は思うのである。


まぁ、EPAやDHAを摂取した方が より健康的だという論はあるかもしれない。

今まで15年だったの寿命が20年に延びるかもしれない。

肌が古来の犬よりきれいかもしれない。

そんな可能性はある。
 
人間にとってのオメガ3はまた別途書きます。

その2へ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。