スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養バランスのための食材数

過去にも何度も口にしてきましたが、
健康の為には、毎日30種週に100種摂りなさい。
と言われてきた。
いあー、現実 人間でも超難しいですよね。
家事している人もいるかもしれませんが、そーとーきついです。
そもそも冷蔵庫の中に1週間で100種の食材が考えられない。
と、まぁ、お母さん方にプレッシャーかけるわけではありませんが、
栄養士の方々が言いたかったのは、
細かい栄養バランス云々考えるの難しいので、とにかくたくさんの種類の食材を口にしなさい。
これだと思うんですよね。
一番簡単で分かりやすい方法の栄養バランスのとり方だと思います。
十分だと思います。健康オタクや栄養士に全ての人がなる必要なんてない。

さてさて、
ドッグフードもそんな風に見てみてください。
貴方の選んでいるドッグフードの食材(ミネラル・ビタミン添加剤除く)は何種類ありますか?
栄養バランスの取れたスーパー食材があれば良いんですが、
10や20種程度で栄養バランス取れると思いますか?
(本当は、内臓や血まで含めた動物丸ごと1匹が究極かもしれませんね、内蔵は嫌われ者ですが・・・)
バランスが悪い部分を補うものがミネラル添加物とビタミン添加物です。
これらがわんさか入ってもまぁ、悪いことないかもしれませんが、
ミネラル添加物については、今まで私が散々ぶつぶつ言ってきた状況だし、
訳の分からない物質まで調べるの面倒くさいでしょう。
いくら食材が国産だったりオーガニックだったりしても、
食材数が少なければ、結局添加物てんこ盛りですよ。
原材料そのものや質にこだわるのも大事ですが、
食材の種類数にこだわると、知らないうちに危ない物質の数や量も減るかもしれませんね。
食材の種類を増やせば、コストはあがるだろうに敢えてそれを行うメーカー。
どうして、コストが上がってまでそんなことをするのか考えてみましょう。
(食材アレルギーで云々の話は全く別問題なのでどっかにおいておいてください。)

食材だけで30種以上は入っているドッグフード、私はすばらしいと思います。
 

高蛋白フードになると、これが難しいんですよね。
なんせ、穀物と野菜を増やすと炭水化物が増えちゃうから・・・
動物性で言えばビタミンミネラル豊富な内臓を入れられれば良いのですが、
そういう情勢にはなっていないですもんね。
この辺が炭水化物(穀物)主体のフードの利点だと思います。


私は、ホルモンとかレバーとかハツとか好きなんですけどねー

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。