スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高蛋白フード(その2)



「高蛋白=高カロリー」これは違うと思います。
 蛋白質  1g=3.5kcal
 炭水化物 1g=3.5kcal
 脂肪   1g=8.5kcal
です。
基本的に、
蛋白質が増えると炭水化物が減り、炭水化物が増えると蛋白質が減ります。
蛋白質と炭水化物はカロリー同じです。
後で述べる高脂肪がひっついてくると結果的に高カロリー食になるかもしれません。上記の数値はなんだか適当なところもある感じの係数で、人間のものほど正確ではありません。

蛋白質の方が炭水化物より消化率が高いとされています。
実質上のエネルギー変換効率が高くなるので、その意味では高カロリーと言えるかもしれません。

「高蛋白=太る」
これは違うと思います。
給与量を間違えてるのではないでしょうか。
肉主体のフードは給与量が少なくて済みますとよく書いてある。
エネルギー効率が良いからということでしょうか?
だけど、飼い主が、犬がお腹すかすからといって、
炭水化物主体のフードと同じ量を給餌してしまうと太る。
便が固めのが出る→給与量が少ないと判断する→給与量増やす
高蛋白でそんな与え方して太らせてしまった飼い主が多いだけだと思う。
これがうわさの原因と思う。「高蛋白=腎臓に悪い」
そう言う人もいるし、それは違うと言う人もいる。
・悪くなった腎臓に高蛋白は良くない(低蛋白食を与えなさい)
・悪くなった腎臓には低炭水化物を与えなさい
相反している論ですね。

症状によってもいろいろ違うのでしょうかね
非常に難しそうです。
一概に言えない感じ。
 犬が炭水化物の消化が苦手だとするなら、
基本的に、炭水化物の方が内臓の負担になる気もするね。高蛋白フードは腎臓に悪いと言っている人もいるが、
嗜好性を高める為に入れられた、
塩分が高かったり、脂肪が高かったりするのが悪いとも言っている。

ちょっとまて

それなら、嗜好性を高めたがっているのは穀物主体フードの方だと思います。
高蛋白って肉主体のフードだよ?

腎臓に悪い高蛋白とか穀物主体とか関係なくドッグフード自体の問題で、
なんとなく、
高蛋白が悪いのじゃなく、
高蛋白なだけで質の悪い高蛋白フードが悪いのであって、
これは、炭水化物フードでも同じ気がする。

 
「高蛋白=高脂肪」どうでしょうか?
動物1匹丸ごと使用するなら、高脂肪じゃないと思う。
それが適切な脂肪比率であるはず。

脂肪を低くしたがるのは、デブにしてしまうから?
それ・・・・
単純に、運動不足か食べすぎで、バランスの問題じゃないと思います。で、メーカーのラインナップとしてシニア食、ダイエット食・・・
こういうのを作ってしまうと、
その餌は脂肪の比率を減らすのが一般的。
減らした脂肪は捨てないという選択をした場合、他の種類に入れる。
では、
脂肪の多い穀物主体のフードと脂肪の多い高蛋白フード
営業戦略上どちらが商品へのダメージ少ないと思いますか?てなことで、高蛋白フードが高脂肪になりうることはあるかも。

「その他」高蛋白にするには、どうしてもミール?が必要になるらしいです。
その関係か、灰分といわれるもの、
ミネラル類ですかね・・・どうしても多くなります。
一見よさそうですが、
私の浅い知識では、
カルシウム過剰摂取の問題
カルシウムとリンのバランス問題
の意識は必要だということは知ってます。
高蛋白フードを見ると、カルシウム値は高め傾向にあります。

大型犬の成長期のカルシウムの過剰摂取気をつけてくださいね。肉類を増やすが上に、
どうしても増えてしまう物質
どうしても崩れてしまうバランスがあるのだと思います。
生産上、商売上致しかたないことだと理解できる。

従来の穀物主体フードだとまだ歴史がある程度解決してきたことかもしれない。
不足しがちなミネラル類は足してきた。
キレートとか言うものや化学物質で(たぶん)。バランス取るのは比較的簡単。

高蛋白フードで過剰なカルシウム・・・取り除くには・・・
肉だけとって骨は取り除く作業が必要・・・・
歴史の浅い高蛋白フードだと、急激に発展した歪が残ったままかもしれません。高蛋白が犬にとって良いという情報はたくさんあり、
恐らくそのとおりでしょう。
高蛋白が良いのはわかっても
高蛋白フードが犬の健康に本当に良いのか分からない。
高蛋白フードを作るうえでの商品上の問題点。
ミネラルバランス。
この辺じゃないかと思うんです。
よく議論して欲しいです、プロの方達には。
その辺、気をつけて成分見てください。
私は、4ヶ月のチワワにEVO使うの止めました。
食いつきも良かった。便も良かった。
でも、カルシウムが多すぎた。それが理由です。
高蛋白を避けたのではなく、
高蛋白フードを避けたのです。
コロコロフードを変えるのは

わがままになる一つの因子になるとは思ったけど、
なんか怖くなって、
歴史の浅い高蛋白フードを続けることが出来なかった。
栄養学も獣医学も学んでいないので、嘘偽りあります。
騙すつもりはありません。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。