FC2ブログ

ティンバー社 引用(3)

ティンバー引用第三弾



Q25: ティンバーウルフは、『人間の等級』ですか?

A: ペットフード用として育てられる家畜はいません。
したがって、すべてのこれらの動物は『人間の等級』です。
ティンバーウルフのすべての肉はFDA認可の工場から来るため『人間の等級』です。
しかし、ペット用ミートやミールに加工する工場では『人間の消費を目的外』で処理されるため、もはや『人間の等級』とは言えません。
成分として『ミール』を原材料に含むペットフードは、『人間の等級』でありえません。


ということです。
正直な表現だと思います。
ミールだけではなく、他の材料や添加物も同様なことはいえると思いますがね。
過去の記事にもあちこちに書いてきたことです。
過去登場した国産メーカーの人も同じようなこと言っていましたね。

これが事実なら、多くのプレミアムメーカーは消費者が勘違いするのを黙認しているというのが正確な表現でしょうか。



昨日の記事ももう一度見て欲しいのですが、
ティンバーの文章は主語がはっきりした文章なんです。
勘違いが発生しにくく、消費者も勘違いし難いと思います。

他のブランド、特に私が文句言ってきたブランドは、
無添加とか100%ヒューマングレードとか、100%天然とかよく書いてあるけど
主語が抜けているんです。消費者が勝手に主語を想像してしまう文章なんです。
キャッチフレーズだから良いと言えばよいのですが、
本国の英語を都合よく和訳しちゃって、主語を抜くんですよね
消費者は恐らく勘違いしてものすごい立派なものだと思って買っているかもしれませんね・・・。

私は、自分の買っているドッグフードも しいて言えば妥協して買っています。
手作りしてあげられなくて申し訳ないなと思います。
関連記事

ティンバー社 引用(2)

ティンバーからの引用第二弾
販売中止になったし、どんどん宣伝してみようかなw


Q5: 食品を汚染から保護するために、どんな予防措置をとっていますか?

A: すべての原材料が我々の工場に入る前に、また、すべてのトラックの荷物が降ろされる前に、点検され、無作為サンプルを保管します。
これらのサンプルは、工場内研究所において、審査のためテストと分析されます。
テストは、アフラトキシン、ボミトキシン、過酸化物、微生物を評価します。
我々の工場も、定期的に米農務省とAPHISによって検査を受けます。
工場はPet Food Instituteのメンバーで、レギュレーションの変更は随時更新され、製造に影響を及ぼすすべてが、即刻知らされ、予防措置または製造中止措置がなされるようになっています。
すべての鳥肉由来のミートミールと冷凍の鳥肉は、鳥肉のみ加工する工場から供給されます。
これらの工場は、USDA/APHIS承認の工場です。ティンバーウルフに使用される鳥肉は、ホルモン剤・ステロイド剤を使用せず、廃棄物を餌として与えない人間用です。
魚油は、USDA/APHIS/NMFSに承認された供給元だけから仕入れます。我々の魚油は、供給元によって天然の抗酸化物質によって酸化防止されています。
我々の工場は、最高品質を保つために長期研究開発を実行している供給元との緊密な関係を築き、長年の経験からペットフード生産における精鋭を集めています


他のメーカーが一生懸命宣伝するようなヒューマングレードとかUSDAとかの箇所をQ&Aでさらりと答えているティンバーさん、素敵でした。


関連記事

ティンバー社から引用

ティンバーウルフ・・・結局買わずにおわったけど、好きなブランドでした。
過去にも書きましたが、HPとか見てて面白いんですね。
その中から引用します。



Q3: 現在タンパク質と脂肪の比率が24:14でミートミールが60%と謳われているフードを与えています。
これは、ミートミール50%のティンバーウルフより高い数値です。
タンパク質と脂肪がより多く含まれていますが犬によくありませんか?

A: これは、いくつかの理由で不可能と思われます。
1.我々は最初に54%のミートミールでドライフードを作りましたが、澱粉が少なすぎて粒がうまく形成できず、砕けて、粉々になる原因となりました。
試行錯誤の結果、47%ミートミールのレベルが粒を維持し、消化率も増やすこともわかりました。
したがって、60%ミートミールでは、粒の形を維持することができないと考えられます。

2.ミートミール60%ではAAFCOのカルシウム最大許容値2.5%を超えてしまう可能性があります。
一般的にミートミールには3-8%のカルシウムが含まれるため、 60%ミートミールであればカルシウムは最低でも1.8%(場合によっては4.8%)となります。
ここにミネラルプレミックスを加えたり、他の原材料が含むカルシウム分を考えるとカルシウム2.5%以下は非常に困難であると思います。

ティンバーウルフは低灰分・高タンパク質のミートミールを使用しミネラルプレミックスにカルシウムを加えていないため、平均1.5-2.0%のカルシウム濃度です。
我々の使用するミートミールは全てタンパク質含有率69-71%と厳しい基準を設けており、高品質であり、非常に高価です。
そのフードがタンパク質含有率60%の一般的ミートミール(タンパク質含有率が低いほど、ミートミールの中の灰分は高くなります)を使用しているとすると、フードのタンパク質はミートミール由来が36%(60%ミートミール×40lb = 24lb、×ミールのタンパク質含有量60%= 14.4lbのタンパク質/40lb =タンパク質36%)と、他の原材料によりもたらさられるタンパク質プラス1 -3%によりタンパク質 38%以上となるはずです。
ワイルド&ナチュラルが同じレベルのタンパク質含有量です。
38%を達成するのには灰分レベルを低く抑える必要があり、非常に難しいです(そして、コストがかかります)。

ここで我々は、いくつか推測します。この質問者はこのメーカーにミートミールの配合量をたずねたと思います。
メーカーは、彼らの栄養学者に動物性タンパク質の配合量を尋ねます。
栄養学者はおそらく動物性原材料由来のタンパク質量(業界で一般的重要視される)が60%であると答えたのではないでしょうか、そして、メーカーは自社フードのミートミール配合量が本当に60%であったと誤解してしまったのではないでしょうか。
ちなみに、大部分のティンバーウルフは、動物性タンパク質が91%以上です




回答文の中でもなるほどな情報多かったです。
・ミールのカルシウム含有率
・ミールに含まれる蛋白質比率
・ティンバーの蛋白質の中に占める動物性蛋白質の割合
・成形の問題
・低灰分の材料の話
などなど、なるほどでした。
ちなみに、鶏肉粉は通常16%程度が灰分でその内半分ぐらいがカルシウムになるんでしょうね。
そして、上の情報と合わせると、70%弱が蛋白質なので残りが水分と脂肪分になるのかな・・・?



いろいろなフードの原材料を見ていく上で役に立った情報でした。
関連記事

石けんについて

固形の純石けんにも種類があります。


石けんの材料となる油の種類の差と製法の差です。
それにより使い心地や肌に合う合わないもあるようです
石けんの値段の差は、使用する油が主のようです。


例えば、私が使う固形石けん
下に書くのは多分、全ては、成分:石けん素地 となります。
石けん素地の中身の説明です。
石けん素地以外の原材料がある場合純石鹸とは違いますので、前日の記事かググって調べてください。

但し、石鹸についても(なんでもそうですが)キャリーオーバーは当然あります。
原材料の油に酸化防止剤等を仕込んであるものも当然のようにあると思います。
そこは「無添加」の無意味さをしっかり認識しましょう。


シャボン玉浴用
牛脂、パーム油、米ぬか脂肪酸、パーム核脂肪酸


アレッポの石けん
オリーブオイル、ローレルオイル



他には、こんなのもあります。

松山油脂・無添加石鹸
牛脂、ヤシ油


カウブランド・無添加石けん
牛脂、ヤシ油


ミヨシ石鹸 無添加 せっけん
牛脂、パーム核油


無添加生石けん
パーム油、ヤシ油


白雪の詩
パーム油 パーム核油



どうみても一つだけ高そうなのが入っていますよねw
値段の高い理由は主に原料の油です。

そして更にもう一段高くなる要素が製法の違いで、
コールドプロセス という低温製法ものです。
釜炊きというのと分かれます。 
それぞれ良いとこ悪いとこあるみたいです。
上記の中にはコールドプロセスは入っていません。

ドッグフードでも低温っていうのは聞いたことありますねw

他には、また鹸化法と中和法でも違いがあるようです。



最後に・・・
安全であるから、毛によいとか、肌によいとは限りません。
安全であるからといって、肌がきれいとか、髪がきれいとは限りません。
天然(自然)だからといって、安全とは限りません。
化学(科学)の結晶が美の秘訣であることもあると思います。
だから、いつも、石けんvsサロン系 とか、石けんvsアミノ です。
関連記事

ただの日記

リークって、タイミングとかって結構あるらしい。

何故このタイミングで?ってやつ

言われるのは、マスコミの話題をそこに集中させその期間に何かをこそっとやってしまう。

若しくは、そこから間接的に別の何かをあぶりださせる。


今回はどうでしょうか?

なにか法案をこっそり通したいとか?

代表選とかどうでしょうね?

その話題そらしか、その中の誰かや党を陥れる為の足がかりなのか?

渦中の人はやはりあの人ですよね

さて、どんな関係があるんでしょうかね?



きっかけとなった事件も確定でないでしょうが、ネットでは流れていますね



この記事消すかも
関連記事
ブログ内検索
記事が散乱していますので、 検索が便利です。
目次
混んでる時はエラーが多いです

全ての記事を表示する

カテゴリ

↓ 軽量版目次 (手作り)
最新記事
Tree-Comment
CalendArchive
プロフィール
鵜呑みはいけません。 間違い多いです。 ここは何かを調べるきっかけを求めるブログです。

おやつまだ?

Author:おやつまだ?
嫁1娘1チワワ1とサラリーマン

人気記事ランキング
ブログパーツ
QRコード
QR
RSSリンクの表示